デスク回りの整理整頓の大事さ

これだけでいいの?デスク周りを整理整頓するコツ!

場所別に整頓方法を知る!

場所別に分ければ効率アップ

書類をファイリングしたものはこの場所へ、不要な書類は決まった日にちに処分をするのでここにまとめて置く。これが出来ればもう整理整頓はバッチリです。
整理整頓をする際に、大きなものから片づけようとする方が多い様ですが、実は細々としたものから整理しておくのがキモです。小さなものの収納スペースを決め、徐々に大きなものを片づけていく事で、ごちゃごちゃせずに済みます。
ちなみにキャビネットやデスクの引き出しに入れればスッキリしますし、小箱などに収納しても良いですね。書類や名刺などは専用の収納ファイルを作っておくと、万が一必要になった時にも安心です。ファイリングしたものはラベル分けをしておくと探す時もスムーズです。

共有しないとトラブルの元

一度スイッチが入ってしまえば整理整頓はとても楽しいものです。しかし自分勝手に整理整頓しても他人が散らかしては全く意味がありません。特に職場だと、アナタが休みの時に急に必要になったというケースも起きるので整理整頓する際には、必ず共有しておきましょう。
また勝手に場所を変えては困るものもありますので、必ず管理者へ確認をして下さい。これがきっかけでクライアントや顧客とトラブルになっては大変ですし、せっかくの整理整頓がビジネスに活かせられないと残念だと思いませんか?
この場にいない方の為にも、整頓表としてどの場所に何があるのか?誰に聞けばいいのか?としっかりとまとめるとアナタの印象もアップする事間違いありません。